ビジネスローンに関する基礎知識

ビジネスローンと言いますのは、中小零細企業、あるいは個人事業主のための無担保のローンになります。つまりビジネスのための資金を貸し付けるものになります。主として、事業融資として、運転資金、或いは季節資金、ほかにも定められた使い途を指定しないで、自由に使うことが実現可能です。さらに、事業者ローンとも称されており、多くの会社が活用しています。

ビジネスローンとなりますと、消費者金融、あるいは信販会社といったノンバンクという会社が実行している捉え方がありますが、銀行に関してもビジネスローンサービスを供しています。近頃では、ノンバンク及び銀行がタイアップした商品も出てくるなど、クライアントにおいて事業融資の選択肢が拡がっています。 一般的な金融機関サイドからの融資ではカバーできないケースであっても、ビジネスローンという形でなら、事業融資ができるケースがあります。しかしながら、いずれの金融機関のローンを活用するか、加えて、クライアントの状態によって、額面、期間、さらに金利の水準など、融資に関する必要な条件に開きが出てきますので、注意が必要です。


審査が速く即日融資も望める等利便性が高いです

ほかの融資手法と照らし合わせると、ビジネスローンのメリットは、やはり、急ぎの資金にスピーディーに対処できる部分です。審査に関しても速く、最短で即日融資が行われるといったところから、銀行融資と見比べてみてとても利便性が高いといえます。審査のスピードは各社毎に異なってきますが、ビジネスローンの審査に関しては別の融資手法と照らし合わせると早く、一番短くて60分、遅いケースでも3営業日内というところが少なくありません。

ビジネスローンに関しては、銀行融資、あるいは不動産担保ローンとは違い、担保並びに保証人が不要です。それと引き換えに、利用最大限度額につきましては、商品性及びクライアントの信用度にもかなり影響受けますが、数百万円レベルがリミットです。それを上回る資金が必要ならば、ビジネスローンということではなく、不動産担保ビジネスローンといった、異なる融資システムの活用を検討しなければなりません。加えて、ビジネスローンに関しては、会社の経営者が活用する事業性資金に役に立つローンです。事業に充てる資金ならば、実際的な使途に関しては問われることはありません。運転資金、あるいは季節資金として、自由に活用することが実現可能です。こうした柔軟度はビジネスローンの醍醐味のひとつです。